豚肉やベーコンが入っている

沖縄に来てから好きになった食べ物の1つがゴーヤーです。 東京に住んでいたときは食べたことがなかったのですが、苦いというイメージはありました。 初めて食べた感想は思っていたよりは苦くないということです。 最初に生のゴーヤーを頂いたのですが、これがおいしかったのです。 そのときの印象が強烈に残ったため、それ以降、毎日食べるようになりました。

一番ポピュラーな食べ方は、ゴーヤーチャンプルーかなと思います。 この料理ですが、お店ごとに違う味を楽しめるので、いろいろなお店で食べ比べるといいです。 通常は、溶き卵が入っていることが多いですが、溶き卵入っていないのもあります。 実は、現地の人はこの溶き卵を入れないのを好んで食べてます。

あと、ゴーヤー以外の具材には豚肉やベーコンや豆腐が入っているものが多いです。 味付けはかつおやしょうゆが多いと思います。 チャンプルー以外でおすすめなのがハンバーガーです。 油で揚げたゴーヤーをはさんだハンバーガーですが、これが絶品です。 てりやき味でマヨネーズもたっぷりかかり、独特の苦みもまったくありません。

その他には、ジュース、アイス、ふりかけ、カレーなんてものまであります。 どれもとってもおいしいので私は3日に1回は食べています。 このゴーヤーはビタミンCが豊富であることでも知られています。 つまり、女性の美容には最適な食材というわけです。 町で見かける女性は、みなさんきれいな肌をしています。 その理由は、もしかしてゴーヤーを食べているからではないかと勝手に思っています。

もし、自分で料理したいなら、薄く切るということと切ったゴーヤーはしっかり冷水に浸けてから使うということです。 冷水に浸けることで苦みが和らぎます。 そして、味は少し濃い目で作ることもポイント。 かつおだしも濃いめに取ってください。 それと豚肉やベーコンを使用するときは、脂身がたくさん付いているものを使ったほうがおいしく作ることができます。

このページのトップへ